プロフィール

キュウサク

Author:キュウサク

ギケンの中庭にようこそ。
汚い事はいいことだ!
そう考えた自分の行く末やいかに

すっごくリンクフリー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

シンプルアーカイブ

カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ギケンの中庭
模型サイト「モノアイギケン」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形
寒すぎます・・・地球温暖化って言ってるやつどこのどいつですか!


それは置いといて、今回は魔導アーマーに乗っている中の人製作です。
そして下の画像は戦闘の画像を拡大したもので、中の人の唯一の参考資料です。
ぶっちゃけ少なすぎでどうしようもないです。

teki.jpg



しかたないので、残りはフィーリングでやっていきましょう。
イメージとしては  最低野郎+人浪 な感じで。


では今回の主役(主材)は彼、
タミヤの1/35 ドイツ・砲兵セット「88ミリ砲チーム」の一人です!

1.jpg

名前はウェッジ君です。

実は私、フィギュアを弄るのって初めてなので結構ビビリながら工作しました。

さて、ウェッジ君の職業はもともと砲手ですので、座ってる分には問題なかったですが、
若干手足の癖が悪いので、一度切り離してパテで接着、補正。ついでに全体のディテールを削り落とします。

次にウェッジ君にゴーグルを付けるために目に穴を1.5ミリのドリルで穴を空けます。

2.jpg

「・・・こっち見んな!!!」

かなり怖いことになっています。

さらにウェーブのO・ボルトを差し込みます

3.jpg

「イ゙ェアアアア!!!!!」

一言で言ってかなりキモいですね。
どうやら穴が浅かったようなので、もう少し穴を深くします。

4.jpg


今度はいい感じです。
でもどう見てもバトーさん、もといウォーリー。


5.jpg

次にウェーブの軽量パテを盛り付けて、がんがん削ります。
我ながらいい感じに盛り付けられましたw
絵描き歌のコックさんみたいです。

6.jpg

あとはガシガシ削って完成!
肩がスッキリしたのはコックピットに入らなかったので泣く泣く小さくしました。
そんなわけでなかなか適当な工作+説明になってしまいましたが、
どうせ全体を作ってからしかバランスがわからないので、とりあえずこれで一応完成ということで・・・

フィギュアを弄ったり他の人の作品を見たりする、
まして変なキャラクターを見たことが無いので完成が全く予想出来ずにガクブルです。



お次はそれぞれのパーツを調整して一度組み合わせてみようと思います。
後は手も作れたらいいなと思っとります。
スポンサーサイト
失敗
前回、バキュームフォームを使ってパーツを作ろう!と、いうことでチャレンジしてみました!



で、色々やった結果


大 失 敗 ! \(^o^)/

P1020061.jpg

たくさんのプラ板たちが見るも無残なことに・・・





大変残念な結果に終わりました・・・
なので今回はバキュームフォームは涙を呑んであきらめます。

理由は、色々手作りで原因や反省点が多すぎて、
改造し始めたら色々面倒なことになりそうな感じだからです。


とりあえずパーツは作らないといけないので、突貫でもいいので作りました。
P1020060.jpg

代案として肩パーツと下あご?はヒートプレスで、
スネパーツはカプルのふくらはぎをパテで改造する方向にします。
上あご?は型自体の形状的に複製したパーツを改修しないといけない感じなので
作り変えやすいように型想いで型をとり、エポキシパテで複製。





結果として残念な結果になり、無駄な遠回りをしました。
でもまだ作らなといけないパーツはあるので、また近いうちにチャレンジしてみようと思います。


次はちょっと中に乗る人形を弄ってみようと思います。
でも、実はフィギュアを弄るのも初めてで、今回の失敗の一件で、
初めてのことにに対してのガクブルがとまりません。

紙粘土
前回までで、全体の大まかな形はできたので、今回は装甲を作ってみようと思います。

魔導アーマーの装甲といえば、肩とスネ、そしてもっとも特徴的な上下のクチバシのことですね。
あのデザインのモデル、実はチョコボだ!なんて噂なんですってね。

それはそうと、これらのパーツのほとんどが、大きく湾曲してたりと非常に特徴的な形をしていますね。
しかも見た感じ非常に薄い感じで、パテなどで作れなくはなさそうですが、今回はいい機会なのでバキュームフォームを使ってみようと思います。
私は、いつも作品を作るときに必ずなにか新しい手法をひとつ組み込むことを目標にしているので、その一環という意味でも、前々から使える場所はないものかと狙っていたのです。

ご存知、バキュームフォームとは熱したプラ板を型に押し付けることによって、自分の思い通りのパーツを作る方法です。薄くて、ある程度の精度が必要で、複数パーツが必要なときに手軽で非常に役に立つ方法だそうです。

つまり、まず押し付ける型となるものが必要なわけです。
なので今回は、正確に言うと装甲の「型」を作る作業ですね。


P1020046.jpg

さて、型を作る素材はある程度の耐熱性と堅さがあればその種類は無限大!
一般的にはパテや、石膏、バルサが多いようですが応用しだいでなんでも使えます。

ですがなにぶん初めてなものなので勝手がわからず、とりあえず百均の紙粘土で作ってみました。
作り方は簡単、ある程度の大きさのムクを作ってパテの要領で削っていきます。
ただ紙粘土って紙+石膏でできてるのか、粒子が細かくて軽いです。もうパテの比ではありません。
粉末による気管支や埃、ヤスリの目詰まりにはくれぐれもご用心!

さて、型はできました!後はバキュームフォームを作るだけだ!





ごめんなさい。
挑戦する!なんていっときながら、ないんです・・・バキュームフォーム・・・

ですので今から作ります。よって、今日はここで終わりです!



ああ、唯一進んだことがあります!椅子を作りました。
材料ポリパテ、以上!
P1020014.jpg







次はバキュームフォームの作り方なんかを説明して、できれば型を取ったところまでいきたいと思います。





明けてましたおめでとうございます
みなさん明けましておめでとうございます!



年賀状が一通も来なかった私ですが、今年一年よろしくお願いします!


よく、よそ様のブログでは一年の目標や抱負なんかを言っちゃたりなんかしますが、



私の場合は「サイトを放置しない!」が目標です。



私自身、根っからの飽き性で、しかもサイトを立ち上げて始めての新年なので、
とりあえずその一点のみを目標にしたいと思います。








P1020008.jpg

さて、作品の進み具合微妙です。
前回から細かいディテールは全く進んでおりませんが、
腕の付け根や太ももの付け根なんかを主に、全体的なイメージをイラストに近づけて見ました。
特に足の付け根は少しずつイメージに近くなるように削っていくと、
股関節パーツが無くなって、本体に接続する形に・・・

というか、この操縦者の位置だとビーム発射口付けられるのかな・・・



さて、次回はついに魔導アーマーの顔とも言える、装甲パーツの原型を作っていきたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。