プロフィール

キュウサク

Author:キュウサク

ギケンの中庭にようこそ。
汚い事はいいことだ!
そう考えた自分の行く末やいかに

すっごくリンクフリー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

シンプルアーカイブ

カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ギケンの中庭
模型サイト「モノアイギケン」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰ミノ
桜ぁ?咲く季節に?♪
近所の桜が満開で春がキターってのを感じさせます。
でも私の春はまだまだ遠そうです・・・

さて、だいぶ前回から日が開いてしまいましたが気にせずいきましょう!

前回ボディを作ると言っていましたが、ちょっと計画変更で腰周りに手を付けてみました。




P1020403.jpg

今回使うのはザクのボディパーツと、ギラ・ドーガから切り取った腰のアーマーのふたつです。




P1020423.jpg

まず、ギラ・ドーガとザクではボディだけでもかなりバランスが違うので、ザクのボディをバラバラにします。

これはザクのボディは胴体と腰も全てひとつのパーツで構成されていますので
腰アーマーや足の接続位置などを細分化、それぞれ個別にバランスを変更することで、
総合的な工数を減らせるかなぁ、と思ってです。

具体的には
・胸
・腰(腹と腰サイド、リアアーマー)
・股関節(フロントアーマー)
・足のジョイント部分の四つにバラバラ殺人。

そして胸?腰を1ミリ伸ばし、腰?股関節を2ミリ程度幅詰め、足の付け根を上に3ミリほど上げます。
これでやっとパッケージのギラ・ドーガのバランスに近づいてきました。








腰周りのアーマーを改造、取り付け位置を決めます。

P1020426.jpg

<サイドアーマー>
受けはザクのボディの機構まんま。
プラ板とプラ棒で差込部分を作りアーマーとアルテコで強引に接着します。






P1020416.jpg

<フロントアーマー>
こいつには苦労しました。
ザクのものは機構が違うので全く使えませんし、他のガンプラのフンドシを接続するポリパーツ(メガネみたいなの)は
ザクの股間には大きすぎたのでジョイントから全て自作するハメになりました。
まずアーマーはある程度動きが欲しいのでボールジョイントを使います。
強度が欲しかったので真鍮線で固定することにしました。
受けはザクの股間パーツをリューターでバリバリ削って、直接受けを作る形に。
ついでに股間を1ミリプラ板で補強+整形





<リアアーマー>
剥ぎ取ったパーツに真鍮線をぶっ刺しただけなので省略








P10204311.jpg

全てを取り付けてみた画像
ちなみに記事の書き方的にそれぞれの工程をバラバラにしているように見えますが、
実際に各パーツを合わせてみて、微調整して接続位置やバランスを見ながら作っています。








しかし、全ての記事に当てはまることですが、特に今回はヒドイ画像が多い・・・
カメラ自体はまともなんですが写すタイミングと申しましょうか・・・

言い訳をしちゃいますと、いつも自分は各パーツをある程度形にするともう次のパーツへ移って、
全てのパーツが揃ってからディテールアップや仕上げをするので
手の遅さもあいまって、みなさんが見る画像は雑+汚い画像になることが多いです。
大変ブログに向いてない制作方法になっていて、見る側には非常に辛いことになります、許してください・・・



さて、次こそは胸辺りにいってみたいですね!




スポンサーサイト
腕あたりの製作
設定を見るとザクの全長17.5メートルですが、ギラ・ドーガは20メートルだそうです。
アムロが青年からオッサンになる14年間でMSも成長したんでしょうか。


さて、今回のギラ・ドーガの腕は左右で形状と大きさが微妙に違います(肘以下は同じです)





P1020360.jpg

P1020363.jpg


しかし実はこの肩関節、今のHGUCと可動域や接続位置はほぼ変わらず、
ポリキャップの内径も同じ3ミリ!これはいいことですね!なので肩関節はこのまま利用しましょう。


あと変更する点は、
・腕の異常な細さ
・肩と腕の関節
・腕と二の腕の関節
・手首の関節

っとまぁ、ざっとこの4点です。
P1020396.jpg


早速出来ていますが。
写真は撮ったものの、簡単な事ばかりだし、ページが重くなるので省略。

軽くまとめると、それぞれのパーツを細かく(腕のリストバンドなども)切り離してプラ板を挟んで太くします。
腕は、腕と二の腕の方向を固定するHGUC方式に変更。

肘関節は元のものも(デザイン的に)ザクのものも使えそうで使えなかったので、しかたなく新造。

ディテールアップパーツのマイナスモールドにプラ板を貼り付け、
プラパイプ(内径3ミリの)を接着してポリ受けとしました。

関節カバーはザクのものを改造。

幅増ししたリストバンドにHGUCの掌パーツを接続するポリキャップをアルテコでムリヤリ固定。


P10204056.jpg

肘パーツ。新たに手に入れたパテを盛ってみました。

理由はいろいろとあるのですが、幅増しをするための分割の仕方が難しくなるのと
肘がもう少しボリュームと長さが欲しかったので曲線が出しやすいパテにしてみました。

時期の関係で下地がモリモリですが、ちゃんとくっついてくれています。パテGJ!



とりあえずこれで腕の関節は完了。
ディテールアップや細かいことは最後の詰めの部分でするとして、次に写りましょう。

次はボディあたりを作りたいですね・・・



ポリパテ買ってみました
そういえば初めて製作以外の記事を書く気がします。


それはそうと、色々なことにチャレンジしてみようとポリパテを買ってみました。
ネットで探してみたところ、ロックの細目がよいようです。
しかもこのパテ、量が多くなるほど安くなる割合が半端ではないので


軽く 4L缶 を買ってみました。




P1020399.jpg



・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・


これはまた小さな接着剤ですね^^


そんなお約束は置いておいて・・・


価格としては大量に買えば一番安いのではないでしょうか。
性能的には
・主剤の色は水色で、黄色の硬化剤と混ぜてうぐいす色
・普通に硬化剤を入れれば最短30分程度でナイフ切削できます
・1時間?1時間半程度で完全硬化するよう
・硬化後はモリモリより堅いですがタミヤパテより柔らかい感じ
・削った後の粒子がモリモリより細かいよう

とまぁよくあるレビュー的なものをしてみました。



それにしても、こいつを使って何かスクラッチしたいですね。


ロボモノはプラ板で作ったほうが早いですし、
かわいい女の子のフィギュアは人間の造形技術が不自由な自分には無理なので
その中間のビミョーに一般の人には伝わりにくいマイナーなものを作りたいと思います。



仮組み+脚
早くもティッシュが手放せないことになってます・・・

さて、それは置いておいて、まずギラ・ドーガの仮組みしてみましょう。

P1020215.jpg


・・・・・・なんか、このままでもカッコよくね?




あえて言うと
・顔が潰れてるように見える
・体に比べて腕が細すぎてかわいそう
・フンドシが動かない
・可動は悪くないけどポリキャップが丸見えだったりする

これらを改修してついでにやや今風のバランスにしつつディテールアップをしようと思います




とりあえず足からいってみましょう

P1020268.jpg

左がギラ・ドーガ。この関節も構造的に悪くはないですが、やはり足をハの字に開こうとすると
足首がアーマー内側に当たってしまいます。
右がザクの関節。やはりHGUC、引き出し関節はすごいですね。
なのでザクの足首関節ごと移植したいと思います。




P1020378.jpg

やり方は簡単。まずギラ・ドーガの足首ポリの固定軸のパイプを切り落とします。
ギラ・ドーガのスネパーツに挟むポリキャップの径がザクのスネパーツと同じなので
それを利用して、ギラ・ドーガのスネパーツにここだ!という場所にあわせて穴を空けます。
そして切り落としたギラ・ドーガのプラ棒をブッスリと刺してプラサポで固定。
これをザクの関節にします。



ん?・・・書く側にも読む側にも分かりづらい説明ですね。




P1020374.jpg

中身をくり抜いて適当なところでプラ板に1.5ミリの穴を空けて軸受けにします。





P1020375.jpg

ソール部分は後ハメをするためにピンを飛ばして真鍮線をぶっ刺します。
足の裏はバーニアのディテールが施されたパーツが用意されていましたが、
後々ディテールアップするためにプラ板に置き換えます。






P1020382.jpg

とりあえず関節はこれで完成。黄色い部分は移植したパイプをぶっ刺した穴です。
ハの字に足を開くことができるようになりました。

ちなみに、ディテールアップは自分は関節やバランスなどの改造全てを終えた後にするのが好みです。


次はボディか腕辺りをいってみようと思います。
ではまた!




魔導アーマー完成
遅くなりましたが、魔導アーマーが完成しました。
軽く作るつもりで予想以上の長丁場になってやっとこさ・・・



madou11.jpg





本家(モノアイギケン)の方に作品製作記をアップしましたのでよければ見てやってください



感想や批評がありましたら気軽にココや掲示板にお願いします
管理人の模型製作の大きな糧になります










さー、やっと終わったどーーーーーーー!!

本当は他の作品を作りたくて作りたくて頭が割れそうになりながら製作していました・・・
魔導アーマーに愛があってもコレは辛い!
ですが、途中でほかのものに浮気すると永遠に完成しない病にかかりそうで涙をこらえて完成させました




ささ、ギラ・ドーガを作りましょ、っと♪





塗装後
チマチマ塗装中
とりあえず全体の塗装は完了!

配色としては、イラストよりはややゲーム登場時の配色にしてみました。
ただ、全体に使った塗料の種類は少なめで
・イエロー
・軍艦色
・シルバー
・エンジングレー
・焼鉄色
ってな感じでどれも混色無しで使用。
後は色々と少しずつ使った気もします。


P1020278.jpg


パッと見、子供用玩具のような配色になっていますが、ウォッシング&ドライブラシで
ワントーン下がりますし、エッジが目立つのでよりゲームっぽくなるのを狙います。


にしても、もともと塗装はかなり苦手で、できれば永遠にパテをこねたり、
プラ板工作をしてるのが好きなタイプなので塗装はいつも不安でしかたありません。

これからウォッシング→ドライブラシ→コートに取り掛かるので、
近いうちに完成写真とサイトの方も更新ができると思います!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。