プロフィール

キュウサク

Author:キュウサク

ギケンの中庭にようこそ。
汚い事はいいことだ!
そう考えた自分の行く末やいかに

すっごくリンクフリー

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

シンプルアーカイブ

カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ギケンの中庭
模型サイト「モノアイギケン」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGガラッゾ:工作開始
リア充でもないのにリアルが忙しいですコンバンワ。

いやはや、ケルディムとガラッゾ、どっちを作るか悩みましたが
イメージの出来ているガラッゾを先に作業したいと思います。



P1060134.jpg
イメージを具現化するためにいくつかのパーツの端にプラ棒を貼りつけていきます。
ノリだけでここまで工作しましたが、この方法でできるのやら・・・
どうするのかはお楽しみ。





P1060135.jpg
プラ棒はタミヤの1ミリとエバーグリーンの0.64ミリを色々状況によって使い分けて貼り付けます。
エバーグリーンは外国製なのか・・・何でこんな適当な太さなんでしょう。




さて、今回の記事はたったこれだけでございます。
早くも今年の目標を忘れかけてる上に、内容まで薄くなっているので、
プラモを作るための時間を作るべきだと思います。



スポンサーサイト
HGガラッゾ:仮組み
ガラッゾキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

田舎の家電量販店へ行って買ってまいりました。
発売日当日に行ってもなく、泣く泣く通い続けた日々・・・
なら通販しろよって話なんですが、店頭でたくさんのプラモに囲まれて自分ニヤニヤ、
店員さんの不審な目、避ける家族連れ、そんなカオスが至福だったりします。


ちなみにコスモ星丸さんの「ガンプラの山を崩せ」だと、
素晴しい画質の写真と的確なコメントのガラッゾのレビューがナイスタイミングでございますので、
そちらのほうが参考になると思います。
そのほかにも色々とすごくて鼻血が出ること請け合い。

さて、もちろん自分は普通には作らない(れない)病なのでヘンテコにする気マンマンですが、
パチ組み中に気付いたところを勝手に書こうと思います。




P1060121.jpg
一応パチってみました。
HGなのでちっちゃいですが、すごいディテール。
半日でこんなに出来がいいことに鼻血が出ました。






P1060130.jpg
胸のわき腹の薄紫色のパーツが前後で分割されていますが、接着しちゃうと
外すときに胴体のパーツと干渉しちゃうんじゃないかと思います。
接着して後ろ側のパーツごと切り離して別パーツ化しましょうか。





P1060126.jpg

肘関節は90度以上可動できるため、その分どうしても隙間が出来ます。
気になるので可動を90度に減らして隙間をなくします。
次に、ここだけに限りませんが、分割によってスジボリが表現されています。
素晴しい技術ですが、明らかにその部分だけが目立ちますので、
他のスジボリをやや深くしなければなりません。





P1060129.jpg
他のスパイクは別パーツ化されているのになぜかこのスパイクだけがモナカ分割されています。
なぜ、ここだけが・・・?まぁそのまま接着して継ぎ目を消してしまいましょう。






P1060124.jpg
小さいところですが、前方はつま先の方向を変えるための穴。
後ろは可動部ゆえ?の穴が開いております。
前方は可動式にして、その他不必要な部分はパテで埋めてしまいましょう。


後は簡単な作業は置き換えで何とかなる場所が多いので簡単に処理できると思います。
ケルディムとの並行作業で未完成病フラグぷんぷんですが適度に頑張りますよ!



1/100 ケルディムガンダム:仮組み
相互リンクしております、鈴林勝平さんのサイト、「建艦日報」で面白いものが
完成しているので紹介したいと思います。
普段は船舶をメインに作ってらっしゃる生粋のスケールモデラーですが
たまに特撮モノの趣味が垣間見えます。

しかし( ゚д゚)スゲー


さて、前回から日が開きましたが、次はコイツを作ってみようと思います。
たまには最新のプラモも作らないとねっ!

P1060117.jpg
実はコイツではなくデュナメスを作りたかったんですが、
なんとなく新発売の札に負けて・・・



発売からかなり時間が経っていますし
既にどこかのサイトでレビューされていると思うので
次からいきなり手を加えて行きたいと思います。

今のガンプラの進化はすごいです。
このパーツ数でここまでの可動とボリュームを出せるとは・・・
なんて思いながら組んでおりまして、一応満足な出来ですが、自分の不満点として

 ・ディテール不足
   MGを作った後だとHGをそのまま拡大したような感じを受けますね。

 ・細身過ぎて陸戦型っぽい感じがしない
   00のガンダムは基本細身で鉄人のように泥と錆が似合うようにするには
   少しボリュームアップする必要があるかもしれません。

 ・武器がなんか違う
   陸戦型で砂漠が似合うようにするにはちょっと武器もハイテクよりローテクの方が合うかも?

一応並べてみるとこんな感じです。
前々から言われているように腰が回らないのはご愛嬌。
気が向いたら可動式にしようと思います。
今回のコンセプトは「砂漠の似合うMS」でいこうと思っています。


ガラッゾが発売したら、一度やりたいことがあるので恐らく平行作業になると思います。
平行作業は完成しない率がグン上がりです・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。